tokyo.journal ---

[ スポンサーサイト / スポンサー広告 ]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --.--.-- ]

[ Bloggerへおひっこし / wak wak* ]

Bloggerさんへおひっこしします

http://tokyo-journal.blogspot.jp/

まだ、記事は書けていないんですが笑、
新しい年を越して、苗字や仕事などがいろいろ変わって、
ファッション記事もこちらでずっとお世話になっているのでまとめちゃいました。

また、引き続きそちらでもよろしくお願いします。
スポンサーサイト
[ 2015.02.05 / Comment 0 ]

[ よめいりまえ / petal ::: ]


結婚指輪が出来上がったようです。

来月、いよいよ入籍です。

なんかトントンと話が進んで慌ただしい日々で、結婚する実感が全くなかった。
ひと月を切って、まわりの人に報告をしはじめるようになって、
婚姻届取りにいかなきゃとか
戸籍謄本手配しなきゃとかで。
ようやくじわじわと。


30年生きてきた名字とも、あと一月のお付き合い。
大切な人の名字を継いでいく責任や有り難さと同時に、寂しい気持ちでいっぱい。
これは普通の気持ちかな?

もっと入籍日遅くすればよかったとか、本当にこのタイミングでよかったのかとかいろいろ考えた。

ただ言えることは、戸籍が離れても家族であることに変わりはないこと。あと、これから仲間入りする家族も、掛け替えのない大切な人たちであること。

大切な家族がふたつ増えるってことか、そっか。
[ 2014.06.13 / Comment 0 ]

[ 人生とは / petal ::: ]


あほかもしれないけど、
人生って単なる暇つぶしなのかと思えてきた。

与えられたそれぞれの時間を、
どう自分に注げるか。
有効活用するか。

そういう、シンプルなもんなんだと。

仕事のために生きていたなら、今よりもっと稼げる仕事に就いてるし、
結婚とか子供なら、とうに済ませてるはずだし。
でも、顔がみんな違うように、
価値観も信念も違うから、
正しくもないけど、それぞれ思うがままに生きればいいさ。

与えられた人生の、
与えられた白い空白を、
どう埋めるか。
死んだあとに完成するキャンバスにどんな絵を描くかなんじゃないかな。

なんか、そう思うとものすごく気持ちが楽になったのでそう信じてみることにしたの。

まだ半分以上は真っ白、あたしのキャンバス。
[ 2013.01.26 / Comment 0 ]

[ いつのまにか2013に / petal ::: ]



すっかり放置でした…
2013年も4日目を迎え、本来ならば仕事始めの筈がちゃっかり有給とりました(笑)
日曜は本気で会社行きたくない病になるんだろうな。

相変わらず20代最後となってしまった1年も目標達成できないまま終わってしまった。

波のありすぎるメンタリズムで仕事、恋愛、友情はグダグダ。
5日間のうち4日は辞めることを考えて、
明日にでも入籍したいと思った晩には、強烈に一人になりたい気持ちになったり、
あと、
とにかく特定の子以外にはプライベートで友達に会いたくなかった。
人間関係末期状態な一年を送ってた。

住まいが渋谷から下町に一気に変わって、
下町は大好きだし、有り難いことに家賃ゼロで生活させてもらえてるけど、
私も彼も、遊び仲間と離れてしまったことで
個々の時間を持ちづらくなってたのは事実。
まだまだ上手に共同生活出来ません。
結婚も、30までには…て話してたけどそれも無理そう。
たぶんこのままじゃダメになる。
(ほらね、一年前はあんなに惚気てたのにね)
たぶんきっと、「愛情のカタチが変わっても、変わらず人生を共にできる」相手が本来なんじゃないかなって思ってきた。
…そんな何十年先の予測がつくわけないのにね。
一生独身でいるのかもな。

でも、
唯一、貯金を始められたことは大きな進歩。
そして、今年は学校へ行くという目標設計が出来たのも。
これは人生29年掛けても、我ながらすごいじゃんて思うよ(笑)
(そのくらい、貯金という言葉は自分の辞書に存在してなかった)

今年は、学びと飛躍をテーマに。
上質な三十路を目標にします。
みそじ。
[ 2013.01.04 / Comment 0 ]

[ Entes queridos / lovery** ]



理由は必要ないと思ってる
[ 2012.05.06 / Comment 0 ]

[ 3.11 / soliloquy::: ]



一年前の今日。
悪夢。
あっという間の一年間でした。

自分の小ささを、惨めに思う
そんな一年だった。
[ 2012.03.11 / Comment 0 ]

[ 50年先 / petal ::: ]



50年先を見通したら
まだほんの半歩もあるけてないけど、
肩を張らずにゆっくり歩いて行けたらと思います。

これから、待ち構えている
おっきな山だったり
深い谷だったりを
4本の足で同じ先を見つめて
同じ歩幅で


まだ先のことはわかんないけど
もう
いつまでも同じ意識じゃいけないってことを
噛み締めてる

大人になんなきゃ
[ 2012.02.01 / Comment 0 ]

[ 12階からの朝焼けは / petal ::: ]



明けてくる朝が、どうしてこんなに暖かいんだろう。
あれから一週間が経ちました


こんなに話がトントンと進み過ぎていいのかなとも思うんだけど
たぶん、それも縁

この先を素直に信じて
向き合って
同じ先を見て。
今日の朝のように
この先50年が日々暖かいものになればいいと思う。
[ 2012.01.26 / Comment 0 ]

[ 桜丘 / petal ::: ]



これから待ち受けているものは
決して平坦なものじゃないし、
むしろ山や谷ばっかりの道になってくるんだと思う。

トントンと話が進んでここまできたけど、
それでもまだ、目の前はぼんやりとさえしてる。
なんか、もっとわくわくしたり、ふわふわしたものになるのかなって思ってて。
意外と冷静な自分がいます(笑)
[ 2012.01.26 / Comment 0 ]

[ What's mean? I'm live in Tokyo / soliloquy::: ]



えんくみの結婚式の帰り
満員電車の小田急線終電で
トニーとそんな話をしてた


彼は東京をあんまりよく思ってないんだ、たぶん

こんなに何でごちゃごちゃ人がおるんやろ?
疲れるだけやのに。

彼は目指すもののために東京にいる
それがなくなってしまったら愛媛に帰ると
何度も口にしてる

昔にもそんなこと言ってたこともあったけど
あの日から改めて考えるようになった

6年前に もー東京ムリ!って静岡帰って
2年後にはまた東京にいた
28歳の誕生日の夜に
同じ目線で見つめていた東京タワーは
煮えたぎるような挑戦状を私に叩きつけているように感じた

みんなが戦う街、戦場なんだ
あの時は一時でも負けを認めたから東京を離れた訳で
この地に存在する限りは死ぬまで戦い続けなきゃいけない気がする

強くなんなきゃ
こんなとこでつまずいたり立ち止まってる場合じゃないんだよ
[ 2012.01.14 / Comment 0 ]

[ New ]

[ Category ]

[ Profile ]

[ Link ]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。